> ニュース > 業界ニュース

車の酸素センサーの品質を観察によって判断する方法を説明します。

2023-08-21

今日は車の酸素センサーについて話します。酸素センサーについてあまり詳しくなく、酸素センサーの品質を判断する方法がわからない友達もまだたくさんいると思いますので、酸素センサーの品質を判断する方法を教えてください。酸素センサーの品質を色で示します。


酸素センサーの上部の色を観察することで、酸素センサーの品質を判断できます。

1. ライトグレー上部: 酸素センサーの通常の色です。

2. 白い上部: シリカゲルで汚染されているため、この時点で酸素センサーを交換する必要があります。

3、茶色の上部:鉛で汚染されています。汚染がより深刻な場合は、酸素センサーも交換する必要があります。

4. ブラックトップ: カーボン堆積によって引き起こされます。エンジン内のカーボン堆積の障害を取り除いた後、酸素センサー上のカーボン堆積は通常自動的に除去されます。

   

車の酸素センサーの存在を過小評価することはできません。車の酸素センサーが故障すると、電子燃料噴射システムのコンピューターは排気管内の酸素濃度の情報を正確に取得できなくなり、空燃比をフィードバック制御できなくなります。長期間使用すると、エンジンのアイドリングが不安定になったり、火が出ないなどの故障が発生しやすくなります。車の酸素センサーが故障したら、適時に修理または交換する必要があります。